joshikosei

何をするかと思ったら……
高校生たちは、6日から3泊4日の予定でこのホテルに宿泊していた。
国連報告者のブキッキオ氏は「日本の女子中高生の13%が援助交際をしている」という発言で脚光を浴びましたが、それ以外にも様々な問題を抱えています。
女子高の日常を切り取った動画には、衝撃的な秘密が隠されていた。
NHKEテレで8月20日に放送された番組「むちむち!」が批判を受けている。同番組は、東京・渋谷の女子高校生を沖縄・普天間基地や四国のお遍路に連れ出し、現場を体験させるというもの。しかし、放送前から「無知」であるとするターゲットを女子高生に絞っていることや、TwitterでEテレ編集部の公式アカウントが性的ともとれる表現でツイートしていたことから、女性蔑視と指摘されていた。
一般パリジャンはこの本のタイトルにどんな印象を持つのか? そして実際はどれくらいの服を持ち、どれくらいお金をかけているのか?
若者であふれる東京・渋谷に巨大な女子高生が出現した。タワーレコード渋谷店に寄りかかって携帯電話を操っている。新宿駅前には巨大OL、大塚駅前には巨大メイドまで。首都東京の運命はどうなるのか?
カクレクマノミがイソギンチャクに刺されないのはなぜか――。その仕組みの一端を愛媛県の女子高校生2人が解き明かした。
近年、女子高生の間で流行していたものや習慣が、ビジネスなどを通じて、社会全体のトレンドにまで発展するケースが増えてきている。
東京都三鷹市で2013年10月、元交際相手の高校3年生の女子生徒(当時18歳)を殺害したとして殺人罪などに問われた無職、池永チャールストーマス被告(22)の裁判員裁判で、東京地裁立川支部は8月1日、起訴された罪の有期懲役の上限となる懲役22年(求刑・無期懲役)を言い渡した。