jugunianfumondai

発表にズレが生じているのは、「慰安婦問題に関する日韓合意」と「組織的犯罪処罰法改正案」(「テロ等準備罪」法案)」への懸念を表明した国連人権理事会の特別報告者に関する内容だ。
東京地裁は、原告の訴えを全面的に認めた。
慰安婦問題の日韓合意に基づいて韓国政府は28日、元慰安婦を支援する財団を設立した。
かつてなく冷え込んでいる日韓関係。慰安婦・竹島領有権問題などの課題が、両国の間に大きな溝を生み出している。この現実に、どのように向き合っていけばよいのだろうか。
NHKの『おはよう日本』の6月5日(金)のニュースは慎重でありながら、かつ、伝えるべきことは伝えよう、という意思を感じさせるニュース特集だった。
朝日新聞批判にかぎらず、20世紀型のリベラルのありようが機能不全状態にあることは多くの人が気づいているはずです。その「行き場のない思い」を全力で受け止めてくれる局面が、本記事のような方向性にはありますよ。万国のリベラリストよ、団結せよ!
「20世紀的な世界観の延長だったら"普通は敵扱い"されるような相手」との連携を考えていかなければ解決できないんですよこれは。
今年のお盆は実家の神戸に帰っていたんですが、今回は珍しく妻が用事で帰れず一人で帰ったので、「ワルそうな奴はだいたい友達」みたいな生き方をしてる地元の幼馴染と飲みに行ったりフットサルをしたり、母親と最近のオバチャン友達グループの中の流行について時間をかけて詳しく聞いたり・・・することになりました。
では同世代の韓国人にとって8月15日とは、歴史問題とは、そして日本は、どういう位置づけなのだろう? 夏休み中の韓国人学生3人に集まってもらい、この間の疑問をぶつけてみることにした。
韓国を訪問中のアメリカのオバマ大統領は4月25日、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領とソウルで会談した。その後、オバマ大統領は共同記者会見で旧日本軍の従軍慰安婦問題について「歴史を振り返るなら、実に甚だしい人権侵害と考えなければならない」と、初めて具体的な考えを表明した。その上で「(日韓は)過去を振り返りつつ、未来に進むべきだ」と、関係改善を重ねて求めたという。