jushinryo

「値下げ」が出来ない理由はどこにも見当たらない。
自由党の山本太郎共同代表は、学校法人「加計学園」の国家戦略特区での獣医学部新設計画をめぐるNHKの報道姿勢について、自身のTwitterで疑問を投げかけた。
「NHKキュン活ほっとらいん」では、鳥海浩輔、檜山修之ら人気声優が声を演じる架空のNHKスタッフが、公共放送や受信料について解説してくれる。
NHK経営委員の長谷川三千子・埼玉大名誉教授が2005年、NHKの番組内容への不満を理由に受信料の支払いを2カ月間保留していたことが、明らかになった。未納分はその後に支払ったという。
日本テレビが、「日テレいつでもどこでもキャンペーン」と称して、番組の無料配信を開始した。放送終了後1週間はいつでもどこでも視聴できるそうだ。朝日新聞によれば、広告を流さず配信する異例の取り組みであって、ネットへと流れがちな若い世代の視聴者を呼び込むのが狙いだという。
NHK、受信料の全世帯義務化という詭弁を発表した経緯もあり、その後のNHKと毎日新聞の対応を注視していた。これを更に要約すれば、毎日新聞のスクープに対しNHK会長が記事内容を全面否定。一方、毎日新聞は記事内容が正しいものであり、従って訂正する積りはないと突っぱねたという事であろう。
毎日新聞の伝えるところでは、<NHK>受信料の全世帯義務化 ネットと同時放送で見解との事である。「罰則規定」については今のところ何の説明もないが、「義務」という限りNHKとして順守を求める必要があり、放送法の改正時にかなり厳しめの「罰則規定」を盛り込む事を想定しているはずである。