kafe

ボクはカフェとテレビ制作会社を運営する代表という立場です、一応。その立場をいいことに、北海道で突然ハタケを始めて見たり、マメヒコ制作で、映画?とか雑誌?とかを作ってみたり。今度はハフィントン・ポストでブログを書くことも始めてみました。
台湾で中国茶のカフェを展開する「春水堂」(チュンスイタン)が東京・表参道に旗艦店をオープンさせる。国内3店目だが初の路面店となり「情報発信の中心地・表参道で、中国茶のカフェ文化を発信していく拠点」と位置づける。
ビジネスが成り立つためには、そのブランドが、なんらかの価値を提供するだけでなく、その価値が消費者、顧客の人たちにとって、特別な役割を持ち、また消費者や顧客の人たちのマインドのなかに居場所を確保しなければなりません。そのブランドをわざわざ選択する「理由(ワケ)」が必要になってきますが、それがつくりだすのがポジショニング戦略です。
フランス・アルザスの伝統料理「タルトフランベ」を知っていますか?最近、ビストロやカフェでも見かけるようになり、専門店もできている様子。ファミレスのメニューにあるのを見て、気になっている人も多いのでは?ピザのようだけどちょっと違う、「タルトフランベ」の魅力に迫ります!
フランスのカフェ文化に、「猫のいるカフェ」が仲間入りするかもしれない。フランスのニュースを英語で伝えるサイト「ザ・ローカル」は、「パリに猫カフェをオープンする」という計画が実現すれば、猫と充実した時間を過ごしたい人にとっての「安息の地」になると伝えている。