カフエマメヒコ

ライフスタイル

初夏の再会は、少しだけ哀しい坂道
自分の足で歩くということ