kagaisha

事件事故の被害者と加害者の垣根なく支援を目的にした団体が発足しました。分断や対立を煽るのではなく、双方が生きやすい社会作りの大切さを訴えています。
「いじめ」の本質と向き合うために考えるべきこととは。
「今では、こうやって話すのが大切だと思うのです」
「被害者遺族の立場」から、死刑制度と向き合う映画の制作を決意した若手監督がいる。
日本人は太平洋戦争を総括することができないまま今日に至ってしまっています。
繰り返されるストーカー殺人。2013年に全国の警察が把握したストーカー被害の件数は2万件を超え、DV被害にいたっては5万件に迫る勢いで、いずれも過去最多となっています。