kagaishakazoku

回答結果をもとに、加害者家族が困難や生きづらさを抱える背景や要因を、専門家と一緒に紐解いた。
「2人の命を無駄にしない」と自分に問いかけ、葛藤してきた松永拓也さんは「大きな視点を持って、事故をなくす」という一つの“答え”に辿り着いた。
弁護側はこれまでに、経年劣化によって「電気系統のトラブルでブレーキが利かなかった可能性は否定できない」と訴えている。
実名報道記事が出た当日。数百程度だったアクセス数が数万に跳ね上がった。
加害者家族について書いた記事に対して、読者から一本のメールが届いた。
ブラントさんの行動や判決に対して、さまざまな反応が寄せられている。
「家族に連帯責任を求めて犯罪を抑止しようという理論は、現実に成り立たないと思います」と訴えています。