kagakushineicha

皮膚組織構造の変形は、過増殖物の退縮に直接関係していた。
単一の電子デバイスに基づくカオス振動子を用いた人工ニューラルネットワークの構築によって、非従来型アナログ演算への興味深い方向性が得られる。
共同執筆ツールは、複数の執筆者がオンライン文書を同時に編集し、書式を整えることを可能にして、このプロセスを簡素化する。
干ばつは、生態系の炭素貯蔵に影響を及ぼすが、干ばつからの生態系の回復に影響を及ぼす要因はまだよく分かっていない。
Mek1/2とGsk3βの阻害剤は、着床前胚の内部細胞塊に非常によく似た、基底状態の多能性を持つマウス胚性幹(mES)細胞の樹立を亢進させる。
動物が紫外線やイオン化放射線への曝露に対する応答としてCPR-4を分泌した後に、CPR-4がどのように作用するかについての手掛かりも示している。
液晶ネットワークは、高分子からなる架橋ポリマーが自己組織化して液晶相を形成するものである。
人獣共通感染症のウイルスは、多くが野生の哺乳類を起源とし、世界の公衆衛生における深刻な脅威となっている。
化学療法の望ましくない副作用については十分に報告されているが、それらの機構については必ずしも明らかになってはいない。