kaigaishinshutsu

一橋大学院教授の楠木建が、リクルートの新たなグローバル戦略に迫る。
PRESENTED BY RECRUIT
果たして今はメイドインジャパンという言葉だけで消費者の心を惹きつけられる時代なのでしょうか。
これら成功事例は、とりわけ、中堅中小企業や地方を本拠とする日本企業にとっての参考となろう。
NTTのITサービス企業NTT DataがDell Systemsを30億5000万ドルで買収した。
日米はビジネス価値観が共通で、相互の市場への進出はかなりの数ですが、日本市場に進出した米国企業の6割は2年以内に日本市場から撤退しているというデータがあります。
オランダで生まれた、マイクロ・ペイメント制のメディア・サービス「Blendle(ブレンドル)」が、立ち上げ(2014年4月)から1年余を経て、海外展開を始める予定となっている。
アジアの経済勃興を肌身で感じているこの身にとっては、日本のこれからの失速はもうどうしようもないのではないかと思ってしまう。日本人は、この島国の中で閉じこもり、長い間デフレを貪っていたのでいまだに気づかないかもしれない。
ロイヤルホストが中国からの撤退を決めた。一つしかない上海の店を19日に閉じ、親会社のロイヤルホールディングスと台湾企業との合弁でつくった運営会社も清算する。
「やよい軒」が、豪州の1号店をシドニーにオープンした。定食メニューの価格を2千~3千円台に設定し、高級路線で和食を売り込む。
昨年、海外進出や海外移住に関して、官公庁や民間企業など数回ほど講演をさせて頂く機会を頂きました。今回は、海外進出にあたって必要なことをなるべく体系的にまとめてみたいと思います。