kaigo

SDGsは多くの企業で意識されているが、実はSDGsの最も重要な哲学が表現されているのはその前文と宣言にある。
坂村かおるさんが「美魔女コンテスト」にこっそり応募した理由
新聞記事の見出しになるような社会問題だって、実のところ、すでに自分ごとだったりする。話題の2冊『ほんのちょっと当事者』と『発達障害グレーゾーン』の作者が語り合ったら、「生きやすくなる社会」のヒントがあった。
試験が義務化されて介護福祉士になるのが難しくなれば人材確保の足かせになるとして、経過措置の延長を求める意見が出た。
急ごしらえで日本人が外国人対策を学んでも、できることには限界がある。
高齢者は「元気で生きなくてはならない」というプレッシャーと戦わされている。
介護版スキルシェアサービス「スケッター」を立ち上げた鈴木亮平さんが、介護ビジネスへの危機感を語る。
親が高齢になり、子どもの引きこもり期間が長ければ長いほど、その支援は難しくなってしまう。
高井信也弁護士は「規定を作ればうまくいくというものではない」と警鐘を鳴らす。