kaigo

介護版スキルシェアサービス「スケッター」を立ち上げた鈴木亮平さんが、介護ビジネスへの危機感を語る。
親が高齢になり、子どもの引きこもり期間が長ければ長いほど、その支援は難しくなってしまう。
高井信也弁護士は「規定を作ればうまくいくというものではない」と警鐘を鳴らす。
何回曜日を聞いても、何回話しかけても、アレクサはすぐに答えてくれる。
台湾が外国人労働者の受け入れを加速させてるのが介護領域です。その数、20万人以上。
音楽療法には時間とエネルギーが必要。介護職と音楽療法士の両立はとても難しいのです。
ひとつは、外国人労働者を受け入れるというもの。もうひとつは...
在宅ケアサービスが人の在宅療養、終末期にどういう影響を及ぼしているのかを研究しています。
平成27年6月、厚生労働省は『保健医療2035提言書』を出し、『キュア中心からケア中心へ』を挙げている。