kaigo

平成27年6月、厚生労働省は『保健医療2035提言書』を出し、『キュア中心からケア中心へ』を挙げている。
現在、我が市は国が掲げる地域包括ケアシステムの構築を進めています。
2011年3月の福島第一原子力発電所事故により全村避難を余儀なくされた川内村は、2012年1月「戻れる人から戻ろう」という遠藤村長の呼びかけのもと、避難を行った自治体の中で最も早く帰村宣言をしました。村民が川内村で生活できるためには医療・福
同じ「ケアする経験」も反対方向のベクトルを持つのだが、両者の間には共通点もある。
経済産業省の「ロボット介護機器開発・導入促進事業」は2015年度より、AMEDに委託し実施されている。
寝返り支援ベッドを入れ、腰痛や仕事のきつさを理由に辞める職員がいなくなった。
高齢福祉分野では介護ロボットの開発も活発に行われている。
社会問題となりつつある「介護離職」をどう考えるか
PRESENTED BY エン・ジャパン
中心となる担い手が自らも介護を要する可能性がある高齢者なのだ。
「いしが在宅ケアクリニック」ではどんなことが学べるのか。