kaigohoken

利用者の立場などからさまざまな意見が出た。
高齢化した精神障害者の住まいの確保は全国的な課題であり、法制度としての対応が求められている。
調査の参加者「路上で生活している人がいるのは分かっていたつもりだったが、深夜の新宿駅の地下に多くの人が寝ている光景には驚いた」
運営推進会議とは何か?運営推進会議を活かしていくコツは...
島根県浜田市では2015年度、市外のひとり親家庭を対象に、市内の介護施設で親が働くことを条件に支援する事業を始めた。定住促進策として、ひとり親家庭に限定するのは全国的にも珍しいという。
ケアラー(家族など無償の介護者)支援フォーラムが21日に都内で開かれ、主催の日本ケアラー連盟は、介護者支援推進法案を発表した。
ここでは、「指定代理請求制度」の指定代理請求人の範囲として規定されている、「3親等内の親族」について取り上げることとしたい。
自分の将来の介護は国に任せきりにしないという自立自助の意識を高めることは国にとってマイナスではないはずです。
特別養護老人ホーム(特養)の相部屋の部屋代について、一定の所得がある入居者には全額負担してもらう案を厚生労働省がまとめた。入居者が新たに負担する部屋代の基準額は月1万5千円を軸に検討する。
<つどい場>って何?とよく聞かれます。介護を受ける本人・介護者・介護職・医療者・行政・社協・議員・大学教授・学生・地域活動者・子ども・子育て中のママ・マスコミ関係者・・・立場を越え、誰でもがごはんを食べながら想いを吐き出し、情報交換する場。気がつけば11年目になります。