kaikigesshoku

昨夜の満月は、2021年の中で地球に最も近い満月でもありました。
見逃せない、「スーパームーン」での皆既月食。月が赤く見える仕組みを解説します。
皆既月食のハイライトである『赤みを帯びた満月』が見られるのはわずか15分弱しかありません。
「スーパームーン」での皆既月食、次回見られるのは2033年10月です。見逃せません!
皆既月食が見られる26日(水)、北日本や東日本では晴れるところが多くなり、月が欠ける様子を見ることができそうです。
200倍の望遠鏡にスマホアダプターを装着するのがベスト
満月は大潮の時期でもあり、沿岸では潮位が高くなる見込みです。
日の出の時間が遅い西のエリアほど夜空に浮かぶ赤い月を観測することができそうです。