kairashu-satiyaruti

子供が犠牲になるたびに、いつも感じることがある。なぜ、私が代わってやれなかったのか。なぜ、罪のない子供たちが傷つくことがないように、私が苦しみを背負ってやることができなかったのか。
「抑圧に対する闘い、そして子供と若者の権利のための闘いは”国家間の友愛”の実現に貢献する。それはアルフレッド・ノーベルがノーベル平和賞の受賞基準の一つとして遺言状で言及したことである」。
2014年のノーベル平和賞は、女子教育の権利を訴えるパキスタンのマララ・ユスフザイさんと、インドの児童労働活動家カイラシュ・サティヤルティさんに授与された。