kaisan-sosenkyo

「一票の格差」の是正を求める弁護士らのグループが11月17日、都内で記者会見し、衆院が解散された場合は、投票日の翌日に選挙無効を求めて、全国14の高裁と高裁支部に提訴すると発表した。
現時点での解散・総選挙によって「アベノミクスへの信任」を求めることには、大きな問題があるように思える。
驚愕の数字が出た。本日(11月17日)発表された7~9月期のGDPが、安倍首相にとっては想定外のマイナス成長(▼0.4%)となったのである。
2014年7〜9月までの日本の国内総生産(GDP)の速報値が、物価の変動を除いた実質で前の3カ月間と比べてマイナス0.4%、この状況が1年続いた場合の年率ではマイナス1.6%となった。内閣府が11月17日に発表した。
総理が何一つ発言しておられないにも拘らず、一部のマスコミ報道によって端を発し、急速にこのような雰囲気が醸成されつつあるのは、正直何とも不思議な気が致します。
安倍首相は11月14日、2015年10月に予定されている消費増税の時期を先送りし、それを国民に信を問うため解散総選挙を実施することを決めた。18日にも解散を行う考えだという
消費税率の引き上げ時期を延期するかどうかを巡って、安倍晋三首相が近く衆議院解散し、2014年内の総選挙実施を検討しているという報道が相次いでいる。なぜ、今のタイミングなのか。
「安倍晋三首相が2014年内に衆院解散に踏み切るのでは」という見方が与党内で強まっている。総選挙となれば、現在より目減りする可能性は高い。みすみす議席数を減らすのは暴挙にも見えるが、なぜあえて解散を選ぶのか。各社の報道を元に、安倍首相の真意を探ってみた。
安倍晋三首相は、衆院解散・総選挙を視野に検討を始めた。早ければ来週に判断し、年内解散に踏み切ることも選択肢に入れている模様だ。