kaiyoosen

「人間がつくる社会は、遊園地みたいなもの」環境問題から目を背けないで。
PRESENTED BY Acer Japan
「環境問題は人が引き起こし、人に返ってくる『人間問題』」他人ごとにするのはもうやめて、いっしょに考えてみませんか?
PRESENTED BY Acer Japan
7月をなるべくプラスチックごみを出さずに過ごそうという、オーストラリア発祥の脱プラ運動「Plastic Free July(プラスチック・フリー・ジュライ)」が10周年を迎えた。その輪は広がり続けている。
安倍首相は、途上国が廃棄物管理の能力を高められるよう、日本政府として25年までに1万人の人材を育成するなどの支援を表明した。
禁止の対象には、レジ袋やストロー、スプーン、フォーク、皿などが含まれる見込みだ
きっかけはFacebookのキャンペーンページだった。
淡輪会長「良さも認めつつ、どう付き合うか考える必要がある」
子どもたちにとって悲劇的な経験の劣化であるだけでなく、来たるべきグローバル経済の破綻も物語っています。
海を漂流するプラスチックゴミが大きな問題になっているが、海上を漂うゴミは氷山の一角にすぎず、海底に沈んでいるものも含めると、世界中の海のプラスチックごみの総量は、約1億3000万トンにもなるという。
非営利団体のサーフライダーは、人間の無責任な消費活動によって海が汚され多くの海洋生物が死傷している現状を人々に知ってもらうために、インパクトのある数々の写真を公開した。