kajitatakaaki

2015年のノーベル賞授賞式が10日、スウェーデンの首都ストックホルムで行われた。
ノーベル賞に選ばれた梶田隆章さん(56)と大村智さん(80)は12月6日、スウェーデンの首都ストックホルムのノーベル博物館で椅子の裏に恒例のサインをした。
素粒子ニュートリノに質量があることを見つけた功績。
「大きい問題は、1日や2日の短い研究では解決できるものではない。長い年月をかけて解き明かしていく宇宙の謎解きに、若い人たちに是非参加していただきたい」
梶田さんが研究者として歩み始めた1980年代、世界各国が「ニュートリノ」の正体をつかもうと、しのぎを削っていた時代だった。
梶田隆章東京大学教授が10月6日、ノーベル物理学賞を受賞した。素粒子の一種であるニュートリノに質量があることを発見し、定説を覆した功績が認められた。