kakenunomasayuki

プロ野球・阪神タイガースの秋季練習に10月30日、着任したばかりの金本知憲監督と掛布雅之・2軍監督が、就任後初めて、新しいユニホームを着て阪神甲子園球場に現れた。
1988年オフの現役引退後、27年ぶりに指導者として縦縞のユニホームに袖を通すことになる。
将来はドラフト会議をなくし、プロ入りを望む選手の多くが意中の球団、または誘われた球団に入り、よりのびのびプレーできる環境作りが大切ではないだろうか。
阪神タイガースOBの掛布雅之氏が、引退以来25年ぶりに現場復帰。秋季キャンプに臨時コーチとして若手の指導に汗を流しています。引退後は監督やコーチの役職についておらず、往年の人気選手の再登場に、ファンはわいています。