kaku

7歳の時、広島市で被爆した児玉三智子さん。強調したのは、被爆から生き延びたあとでも受け続けた、傷のことだった。核兵器禁止条約への思いを語った。
「核兵器の終わりの始まりです」。ICAN国際運営委員の川崎哲さんが発効される条約の意義を語った。
北朝鮮の核・ミサイル問題はいまだに解決の道筋が見えていない。日本のメディアでは、米軍による攻撃と北朝鮮による報復のシミュレーションの記事があふれている。
日本でも中間層の不満は限界に近付いており、国民の怒りは爆発寸前である。今こそ、社会を大きく見直す時である。では、社会を見直す際の指針とは何であろう。
ストレスは人生の「雨」。ストレス対処力は、"ストレス雨"をしのぐ"傘"を持つことで高めることができる。
私の北朝鮮での経験と韓国での経験を比べて考えると、同じ朝鮮半島で南と北が天国と地獄のような違いを見せている。その根本的な違いは...
「核兵器のない世界」の実現を訴えるオバマ政権は現在、核兵器の先制不使用宣言を含む核政策の大幅な変更を検討している。
最近の脱北事例を見ているとまさに'エクソダス'に匹敵すると思う。
日米の官僚にとって、オバマ氏の広島訪問は両政府間の良好な関係を強化し、おそらく安倍首相をかなり持ち上げ、つづくステージの幕開けとして機能するものとなるだろう。
フランスや日本を含む数カ国は、原子炉の使用済み核燃料からプルトニウムを分離し、正当な経済的目的もないまま兵器に転用できるこの危険な核物質を保有している。