kakuheiki

緊張状況を高めかねない有事の「持ち込み」
毎年8月8〜9日に開催する平和行動 in 長崎。連合長崎の青年委員会・女性委員会のメンバーが、ピースガイドとして平和公園内を案内します。
この「国土強靭化」を、「自然災害」に対するものだけでなく、「武力攻撃災害」にも対応できるようにすることが必要なのではないか。
核兵器の持つ絶大な懲罰的・報復的抑止力に代わる実効性ある拒否的抑止力をどのように構築するか、です。
トランプ政権の初年度から、米核戦略をめぐって冷戦終結後初めて本格的な議論が戦わされることになった。
北朝鮮が核兵器を手にする前に、国際社会は、どうしてもそれを阻止する必要がある。
最近、トランプ政権は中国には緊張緩和の措置をとり、またイランには関係正常化の合意を明らかにしたことによって、多くの人々が安堵をしている。しかし…。
私は、かつての日本国首相が破壊を命じた真珠湾と軍事基地へ、あなたが歴史的な訪問をしたことを称賛します。しかし、いくつか疑問があります。
なぜ共同経済「協力」でも「開発」でもなく「活動」なのか。現地での見聞を改めて思い起こして気づくのは…。
日本が「核兵器禁止条約」に反対したことを受けて、世界的な俳優の渡辺謙(57)が10月29日、公式Twitterで「この国はどこへ行こうとしているのか」と憤りを示した。
「ロシアや中国を勢いづかせる恐れがある」といった懸念の声も。
日本にとって対中国と対北朝鮮では、アメリカの「核の傘」の信頼性に違いがある、ということを知っておく必要がある。
「核兵器のない世界」の実現を訴えるオバマ政権は現在、核兵器の先制不使用宣言を含む核政策の大幅な変更を検討している。
最近の脱北事例を見ているとまさに'エクソダス'に匹敵すると思う。
国や地域の歴史・戦争史観、日本や米国との外交関係など様々な要因を直接反映したり、また影響を受けたりしながら原爆理解を作り出している。