kan-kanbochokan

“Go Toキャンペーン“に続いて言及。相変わらず満員電車の通勤風景がおなじみの日本で普及するのか...。
「店頭で買えるのが先か、政府から届くのが先なのか、どちらだろうか」など、批判や疑問の声も。
「政治の場こそ密集を回避したら?」など、世間からは批判の声も上がっている。
「新元号が広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に根ざしていくようつとめる」と菅官房長官は話しました。
大阪地震を受けて記者会見を開きました
2019年3月31日、4月30日が有力と報じられているが…。
「意味がない」「事件を利用し言論の自由を剥奪しようとしてる」の声。
「公文書は国家・国民の病状に対するカルテです」――自衛隊PKO日報問題、森友問題などから考える。
「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、菅義偉官房長官が記者会見で「ここは質問に答える場所ではない」と説明を拒む場面が続いている。