kanada

ハフィントンポスト各国版11月5日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。NASAの研究データに基づく最新の研究によって、天の川には地球と同じ大きさで、同じ気温状態の惑星がおよそ88個ほど存在することが明らかになりました。この研究結果によって、地球外生命体が実在する可能性が大きく拡大すると言われています。
ハフィントンポスト各国版11月4日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。ドイツでは2002年の売春法施行により、売春が合法化されていますが、その結果として、売春婦が「低賃金労働」させられる結果を招きました。売春も労働と認めるドイツでは、こうした劣悪な労働環境を改善するための規制が議論されています。
ハフィントンポスト各国版11月3日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏が、Facebook創業者マーク・ザッカーバーグ氏の「世界中をインターネットでつなげる」構想に対して、「冗談でしょう」と一蹴しています。
ハフィントンポスト各国版11月2日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。アメリカ・ロサンゼルス国際空港で銃乱射事件が発生、保安検査を担当する運輸保安庁の職員1人が死亡しました。犯人も撃たれて重体です。フランスのブルターニュ地方では環境税導入に反対するデモが暴徒化、混乱が拡大しています。
ハフィントンポスト各国版10月30日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。イギリス王室のチャールズ皇太子は、中東の企業経営者たちとの会合でスピーチし、「シリアの内戦は干ばつなどの気候変動が原因だ」という持論を展開。これに対して「飛躍した論理だ」などの声が上がっています。
ハフィントンポスト各国版10月26日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。フランス版とマグレブ(アフリカ北西部)版では、サウジアラビアで10月26日、女性たちが自動車運転する権利を求めて一斉に運転するキャンペーンを行ったことを伝えています。保守的なイスラム教国サウジアラビアは、世界で唯一、女性の自動車運転を認めていません。呼びかけ人のひとり、マナル・アル・シャリフさんは2011年5月に自身が運転する動画を投稿した罪で9日間投獄されています。
ハフィントンポスト各国版10月25日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。アメリカ国家安全保障局(NSA)が世界35カ国のリーダー35人の通話を傍受していたことが明らかになった件について、ヨーロッパ諸国をはじめとする世界各国から批難が集中しています。ハフィントンポストの各国版でもフランス、ドイツ、イギリス、スペイン、イタリア、アメリカの6カ国がトップ記事として扱っています。
カナダ東部ケベック州の町、ラック・メガンティック(Lac-Mégantic)で6日未明、原油を輸送中の列車が脱線し、町の中心部で爆発炎上した。地元のニュースでは住民らが「信じられない。まるで映画のような光景」と語る様子を放送している…
外国人の訪問者が最も多い国はフランスかもしれないが、だからと言ってフランスが最も人気の高い国というわけではない。BBCが毎年行っている国別世論調査の結果によれば、「世界に対して最も良い影響を与えている国」の称号を今年得たのはドイツだった。