kando

一人前の男性に涙をこぼさせるようなクリスマスプレゼントなど、滅多にあるものではない。
アップル社のホリデー向け新CMが感動的だ。スマホによって自分で周囲から孤立してしまう状態をはっきりと捉えつつも……
「私が今一番恋しいものが何かわかる?病気を忘れて自由な気分になること」ガン患者たちのこの言葉から発想を得て、新しいプロジェクトが立ち上がった。その名も「if only for a second(ほんの一瞬だけでも)」。
赤ん坊が泣く、といえば、うるさいイメージしかないかもしれない。けれどもこの動画に映っている10カ月の赤ちゃんは、その印象を美しいものへと変えるだろう。