kangaekata

「そうなるようにできている」と読んでみて、どんなことを感じるかイメージしてみてください。
たとえば毎朝の通勤ルートの路線や、道路を少し変えてみるとします。いつもとおなじになるでしょうか?
何かを選ぶときに悩んだら、それが「ほんもの」なのかを考えてみましょう。
過ぎたことを悔いていたり、先のことが不安だったりという気持ちではなく、いま、という一瞬と、ここ、という一点に気持ちを集中するんです。
普通という考え方というのは、自分の視点と経験から決めつけた枠のようなものなんです。
相互承認や相互リスペクトを伴っていなければ、遅かれ早かれギクシャクしてしまいます。
なんで良いアイディアが浮かぶんだ、俺だって頑張っているのに...。でもここにはアイディアでなんでも解決してやろう!という考えへの不快感と、勘違いが隠れていました。
やっぱり、会社が好きなら、もっと会社と仲間と社会に貢献したいなら、今からでも遅くはない。あなた自身の考え方を変えることができたら、きっと、あなたの会社人生も変わる。
有名なベンチャーキャピタルクライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズの共同設立者トーマス・パーキンス氏は先日、左派的な人々が、「1%」を占める富裕層への批判を繰り返していることを、1938年にドイツで起こったクリスタル・ナハト(ユダヤ人に対する襲撃暴動事件)になぞらえたことで問題になった。