kangoshaseikotozai

検察側は「(犯行の)常習性が顕著」などとして、懲役20年を求刑していた。
被告である養父は起訴内容を認め、「家の中に、(妻と養子の)二人の嫁がいる感覚だった」などと供述しているという。