kankoku-demo

韓国内は雇用問題や格差問題等、深刻な社会問題を抱えている今、なんとかして現状を変化したいと言う気持ちを持つ国民が行動し、ひとつとなり、今、本当に変えようとしている。
11月12日に開かれた朴槿恵大統領の辞任を求める集会は、規模の面で歴史的な集会と記録されるだろう。
「崔順実という個人の問題を超え、朴槿恵政権の4年間に積もり積もった怒りが爆発している」
朴大統領の辞任を求める市民の声は大きな盛り上がりを見せることになりそうだ。
10月29日にあった前回の3万人を大幅に上回った。
ライトや「朴槿恵退陣」などと書かれたプラカードをを手に持ち、「朴槿恵は退陣しろ!」などのスローガンを叫んだ。
韓国の名門・梨花女子大学の卒業式で、式辞を述べようとした総長に、出席者が「総長辞めろ」のコールを浴びせかけた。
警察はポスターをはがして持ち去ったという。
「テロ団体が不法デモに潜入して国民の生命を脅かすこともありうる」「『イスラム国』(IS)もそうしているではないか」
主催者の発表で10万人以上(警察の推定は約6万4000人)が参加した。