kankoku-genpatsu

これまで大きな地震がなかった韓国では、改めて大地震発生時の原発事故のリスクを懸念する声が出始めている。
韓国・サウジアラビア両政府は、韓国が独自に開発した原子炉「SMART」2基以上を、サウジアラビアで試験運用する覚書に署名した。将来的には第3国に共同輸出することを目指すという。
[ソウル 23日 ロイター] - 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は23日、同国の原子力発電所のコンピュータシステムに不正侵入があり、情報が流出したことについて、国家の安全保障にかかわる問題で容認できない「深刻な事態」と述べた。 大統領府によると、朴大統領は閣議で「原発は、国民の安全に直接影響する安全保障上、最重要施設である」とし、そうした施設から情報が流出したことを「深刻な事態」と指摘した。
韓国の原子力発電所のコンピュータシステムが不正侵入されたことが分かった。失われたのは重大な機密データではなく、同国の原子炉23基の安全性に影響はないという。
韓国産業通商資源省の当局者らは30日、総発電量に占める原子力発電の比率を2035年までに29%とする計画について、2025─35年に原発を最大5基新設することが必要になるとの見通しを示した。
韓国の原発で、偽造された部品が使われていることがわかったというニュースが報じられているが日本企業に影響はないのか…