kankoku-zaibatsu

支持率は下落を続け、今は一桁にとどまっている。しかし李在明氏になんら変化した部分はないように見えた。
「政治が過剰になっている」「税金で仕事をいくつか作ることの、何がそんなにすごいのか」
多額の資金提供の背景に、副会長が経営権を継承するための、グループ内の合併劇があったとみられている。
ソウル市内の自宅や高級マンションの一室で、違法行為にあたる買春をしていた疑惑が報じられ、大きなスキャンダルになっている。
韓国の大手財閥・ロッテグループの不正疑惑の捜査が本格化している。
韓国ではロッテグループに検察が捜査に乗り出しており、グループの行方には不透明感も漂う。
経営権を握った重光昭夫氏と、その兄・宏之氏との対立が注目されるロッテだが、「お菓子の会社」「千葉ロッテマリーンズ」という以外は、あまり知られていない。その由来などを掘り起こしてみた。
ロッテグループでお家騒動が起きている。創業者の重光武雄氏の後継者をめぐって、長男と次男が日本と韓国を舞台に争いを繰り広げている。
一審で実刑判決を受けた趙前副社長は、温情判決を狙って地裁に計7回「反省文」を提出していた。
大韓航空の前副社長が、乗務員のナッツの出し方に激怒して飛行機を引き返させたとして、航空保安法違反や暴行、業務妨害など5つの罪に問われた裁判で、ソウル西部地裁は2月12日、趙前副社長に懲役1年の実刑判決(求刑・懲役3年)を言い渡した。