韓国映画

アートとカルチャー

映画「わたしたち」が描く、教室という社会の生きづらさ
「朴槿恵の韓流」と韓国映画
―韓国人の深き孤独―韓国映画「国際市場」
韓国映画「弁護人」と韓国人の「疚(やま)しさの良心」(後半)