kankokukeizai

支持率は下落を続け、今は一桁にとどまっている。しかし李在明氏になんら変化した部分はないように見えた。
「政治が過剰になっている」「税金で仕事をいくつか作ることの、何がそんなにすごいのか」
朴槿恵大統領の政策に知人女性が介入していた「崔順実(チェ・スンシル)ゲート」は、韓国経済を支える財閥にも大きな影を落としている。
サムスン電子は無能で、無責任だった。
韓国経済がグローバル競争から脱落し始めた。イノベーションによる突破力が身につかないまま成長を目一杯追った結果だ。
韓国のサムスン電子が発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比60.1%減の4兆1000億ウォン(39億ドル)で、2011年第2・四半期以来3年強ぶりの低水準となった。
韓国政府高官は2日、円安で打撃を受けている国内輸入業者の支援と株式市場活性化のための措置を近く発表する方針を明らかにした。
日本を標的にしたキャッチアップ戦略に成功し、成長力では日本を凌駕してきた韓国経済ですが、このところの不振ぶりが目立ちます。日本もかつては同じ道を歩み、次のステージにむかう転換が遅れてしまったために、長い経済停滞を余儀なくされてきましたが、韓国経済も出口が見えない状況に陥り始めたように感じます。
韓国サムスン電子はスマートフォン(スマホ)の販売不振に見舞われている上、経営陣の世代交代も控え、より革新的な企業への脱皮を迫られている。従来の強みを維持しながら企業文化を刷新することは、一筋縄では進みそうにない。
自殺率は過去20年以上、韓国社会に生じた陰を象徴的に示す指標だ。20年間の韓国の政策が彼らを自殺に追い込んだのかもしれないのだ。破られた約束を取り戻すことはできるだろうか?
韓国の1人当たりのGDPが発表された。数値が大幅に高くなって、多くの方が驚いたようだ。GDPが増えたのに、なぜ懐は相変わらず軽く、暮らしは楽にならないのか気になる人が多いだろう。その理由はどこにあるのか?
2月14日付のアメリカのウォールストリート・ジャーナル紙は、日本と韓国の経済政策を比較する社説を掲載し、構造改革を進める韓国経済を評価した上で「先生が昔の教え子から学ぶときが来たようだ」と結論づけ、安倍晋三首相が進める日本の経済政策に苦言を呈した。
金曜日(1月24日)の日経平均は304円安で終了した。一方、その後のニューヨーク市場も318ドルの大幅安で終わった。前日(23日)発表された中国PMIが半年ぶりに50を下回った事(チャイナリスク)、23日から24日にかけてアルゼンチン・ペソ、トルコ・リラ、南アフリカ・ランドなどが急落した事が市場に暗い影を落としたからである。
朝日新聞が伝えるところでは、韓国が遂にTPP交渉参加の意思表明を行ったとの話である。この時点で交渉に参加するというのは走り出したバスに飛び乗る様な実に無謀な行為である。TPP参加により韓国が直面する事になるリスクとは?何故、こんなリスクを冒してまでTPPに参加せねばならないのか?
韓国における日本の戦時徴用をめぐる問題で、すでに日韓請求権協定において解決済みとする日本政府は、韓国国内の裁判で来年早々に最高裁で敗訴になれば、国際法違反として訴える姿勢を明確にしている。この問題についての読者から寄せられたコメントをまとめた。
韓国での戦時徴用をめぐる問題で、日本政府が本腰を入れて動き出した。戦前、朝鮮半島が植民地となっていた時代に「徴用工として強制労働をさせられた」として日本企業が訴えられ、韓国の裁判所で敗訴が相次いでいることに関して「もし最高裁判決で敗訴すれば国際司法裁判所(ICJ)に提訴する」との方針を韓国政府に伝えたことが判明した。
韓国で戦時中の徴用を巡って日本企業に賠償を命じる判決が相次いでいる問題で、日本の経済4団体が「深く憂慮する」とする共同声明を発表しました。両国政府と経済界は経済関係発展のため解決を急ぐべきだと訴えています。
韓国の朴槿恵大統領は、BBCのインタビューに対して、日本が戦争中の「過ち」について謝罪しない限り、日本との首脳会談は意味を成さないと断定した。理由はというと、例によって「慰安婦問題」を筆頭に日本が従来の歴史認識に固執しているからだという事である。
韓国経済が直面する問題とは? 要約すれば、輸出依存型経済であるにも拘わらず輸出が不振であり、輸出不振によって経済が低成長を余儀なくされ、経済低成長による国民の窮乏化が進み、そして、これらを嫌気して外国資本引き揚げによる通貨危機可能性が高まっているという事ではないだろうか? 仮にそうであれば輸出を増やす事が韓国経済の特効薬である事は間違いない。