kankokusen-chinbotsu

ハフポスト韓国版のスプラッシュ(トップ記事)のイメージで、1年前の状況を振り返ってみた。
304人が死亡・行方不明になった韓国の旅客船「セウォル号」沈没事故から、4月16日で1年になる。ソウル郊外の檀園(タンウォン)高校は、2年生の修学旅行中に事故に遭遇し、生徒・教師合わせて262人が死亡・行方不明になった。
独立系インターネット・ニュースサイトの「ニュースタパ」は、遺族・行方不明者の家族らの団体と共同で、約40分のドキュメンタリーフィルム「セウォル号のゴールデンタイム~国家はなかった」を制作し公開した。
韓国の旅客船「セウォル号」沈没事故の運航会社「清海鎮海運」の事実上のオーナー、兪炳彦(ユ・ビョンオン)容疑者とみられる遺体が見つかっていたことが分かった。5月22日、捜査当局は沈没事故に関連して巨額の資金を流用したなどとして、横領・背任・脱税の容疑で逮捕状を取り兪容疑者を指名手配していたが行方をくらましていた
韓国南西部の都市・光州(クァンジュ)の都心部で消防ヘリコプターが墜落し、搭乗していた5人全員が死亡した。韓国のニュース専門チャンネルYTNは、現場付近にいた自動車のドライブレコーダーの映像を入手し放送した。
韓国で沈没した大型旅客船「セウォル号」の行方不明者捜索に携わっていた消防ヘリコプターが、7月17日午前11時前、韓国南西部の都市・光州(クワンジュ)の都心部で墜落した。聯合ニュースによると3人が死亡した。
韓国南西部の珍島沖で起きた大型旅客船「セウォル号」の沈没事故から7月16日で3カ月。修学旅行中の高校生を中心に死者293人を数えた大事故は、依然として11人の行方が分かっていない。改めて、現時点の状況をまとめた。
韓国の朴槿恵大統領は26日、旅客船沈没事故に伴い引責辞任すると表明していた鄭ホンウォン首相を留任させることを決めた。過去の発言などの問題化でこれまでに2人の首相候補が就任辞退に追い込まれたことを受けたもので、大統領の指導力に疑問符が付きそうだ。
修学旅行中の高校生ら280人以上が死亡した韓国の旅客船「セウォル号」沈没事故で、同国の検察当局は15日、船長や1等航海士ら4人を殺人罪で起訴した。検察幹部が明らかにした。
韓国の旅客船セフォル号沈没事故で、韓国SBSなどが5月1日、船がバランスを崩し沈没する直前に、乗員と運行会社の社員が電話で連絡をとり、過積載だったと見られる貨物の記録を改ざんし、重量を軽く見せかける工夫をしていたがわかったと報じた。