kankyocho

事故から3年7カ月が過ぎた同県浜通りの被災地では、再生の歩みが各地で壁に突き当たり、新たな難題山積が希望を揺るがす。苦闘する住民の声は候補者に届いているのか。
福島県楢葉町の町議会は、除染作業で発生する土壌や廃棄物を保管する「中間貯蔵施設」の建設をめぐり、住民投票の実施を求める条例案を反対多数で否決した。