kansaidenryoku

ネットで生中継された「関西電力役職員らの金品受領問題」の第三者委員会による記者会見で、但木委員長が慎重に言葉を選びながら語った内容とは?
関西電力経営陣には、自分達の行為が「司法判断」や「第三者委員会の判断」で「犯罪」や「法令違反」とされることがないという見通しがあるのだろう。
高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役。関西電力の幹部ら20人が森山氏から計3億2000万円の金品を受け取っていた。
関西電力金品受領問題における「犯罪性」と「コンプライアンス上の問題」を中心に、記者会見のポイントを指摘する。
「電力会社幹部には企業人としての高いモラルがある」という、社会が電力会社を信頼する大前提が崩れ去った。
ガス事業への企業の参入を阻んでいる理由は...。
PRESENTED BY エン・ジャパン
関西電力は、損害賠償を請求すべきだ。そして、その賠償金で電気代を値下げし、消費者に還元すべきである。では、その賠償は誰がすべきか?