kansaidenryoku

高浜原発の運転延長に向け、原子力規制委の審査の対応にあたっていた関西電力の40代の男性社員が自殺。敦賀労働基準監督署は「過労自殺」と労災認定した。
関西電力大飯原子力発電所の『基準地震動』は過小評価だったか?
裁判所を公然と批判する発言に株主から非難の声が上がり、会場は一時騒然とした。
"原発40年規制"は、科学的根拠のない「政治的な空気」で決められたもので、日本国内で使われるべき数兆円規模の巨額の国富を徒らに海外流出させてしまうようなルールだ。
電力小売全面自由化による顧客流出を防ごうと東電が苦労しているようです。
原子力規制委・規制庁にしてみれば、"原子炉と関係ない部分でもトラブルを起こすな!"と言いたいところではないだろうか。
原子力発電所を巡って、全く異なる2つの司法判断が下された。端的に言うと、司法権力者にも行政権力者にも「事実誤認」が多いという話。
2011年の福島第一原発事故以来、事故を起こした福島第一原発以外の廃炉が決まるのは初めて。
企業にも"遺伝子"がある。合理的に説明がつかない経営判断でも、その企業の歴史に照らし合わせれば納得できることが往々にしてある。例えば、関西電力。
阪神大震災から20年という節目の年です。そこで、というのも変な言い方ですが、関西電力が「20歳の神戸」というCM動画を制作して公開しています。