kansensho

加藤勝信厚労相は国会で、「ご指摘の通り、韓国と比べて(検査の)キャパシティが低い。早くキャパシティを上げていかなくてはならないという思いで対応しているが、残念ながら現下の状況にある」と釈明しました。
品薄状態が続いているマスクや消毒液などについても、増産や円滑な供給を業者に求めるとともに、消費者に対しても過剰な買いだめを控える内容が盛り込まれた。
クルーズ船内に派遣されていた医療機関のスタッフが、「岩田先生の証言は正しいと確信していることを伝えたい」と、ハフポスト日本版の取材に応じた。
オンラインで記者会見した岩田氏は「私が投稿した動画の役割は達成された」と語った。
アメリカ疾病対策センターのチームが乗客の健康状態を確認し、発熱や咳などの症状がある場合は、チャーター機への搭乗を認めないという。
新型コロナウイルスによる感染症の流行が日本でも始まりそうです。感染症専門医師が最新の情報に基づき、対策として心がけてほしいことを、シンプルに3つお伝えします。
入院勧告などが可能に。過去には鳥インフルエンザなども指定されている
危惧される「感染症」のリスクを下げるために、個人にできる対策を紹介します。
風疹は1276人、はしかは406人…。40〜57歳の男性は、今すぐ抗体検査とワクチン接種を!
インフルエンザの患者数が急増している。自分の住んでいる地域のインフルエンザの流行状況を情報を知る方法も合わせて紹介する。
気をつけることの一番が「感染症」なのです。
5月5日、町田駅発着のバスを利用していることから、市で注意を呼びかけている
「1回も接種したことがない方は、沖縄に来る前に1回接種しておけば、今回の流行の間は感染から守られるでしょう」