kanto-yuki

関東はあすの明け方ごろから雪が降りだします。平野部でも積雪となりそうです。交通機関の乱れに注意。
あすにかけては、低気圧が本州の南岸を北東へ進み、まとまった雨雲が西から東へと移動するでしょう。
5日の朝は全国的に天気が崩れています。関東甲信は平野部は雨の所がほとんどですが、内陸の山沿いは広く雪で、昨夜から積雪が増えています。河口湖は午前7時現在45センチで、昨夜から14センチの増加。
午前7時現在、関東の平野部は広く雨で、山沿いは雪の降っている所も。今夜にかけても、雨や雪が降ったりやんだり。東京都心を含め、関東南部は雨の所がほとんどですが、箱根から奥多摩、秩父方面は雪の積もる所も。関東北部は山沿いだけでなく、平野部も積もる所がありそうです。
2日は本州の南岸を低気圧が通過する見込みで、関東甲信の内陸では大雪の恐れがでてきました。
あすからあさってにかけて、本州の南を通過する低気圧はコースがさらに南へ。九州から関東の太平洋側で雪の降る所がありますが、きのうまでの予報より降る時間は短く、量も少ない見込みです。
火曜日以降、また「南岸低気圧」の影響を受けそうです。九州から東海は広く雨が降る見込みですが、山沿いを中心に雪になる所もありそうです。関東甲信や東北の太平洋側では、再び広い範囲で雪が降ることが予想されています。
午前9時現在、関東の広い範囲で雪。都心周辺でも、路面が白くなっています。すでに電車などの交通機関にも影響が出始めています。午後は次第に雪の降り方が強まって、広く積雪となりそうです。また、風も強まり、ふぶく所もある見込みです。
8日午後8時現在の東京都心の積雪は25センチで、20年ぶりの20センチ台になりました。関東甲信地方の広い範囲で大雪になっており、交通機関にも大きな影響が出ています。このあと大雪の中心は東北の太平洋側へと移るでしょう。9日の日中には関東甲信の雪はやみますが、路面凍結に注意が必要です。