kariforuniadaigaku

2014年のノーベル物理学賞に、青色発光ダイオードを開発した赤﨑勇名城大学教授(85)と天野浩名古屋大学教授(54)、中村修二米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授(60)の3人が決まった。
このおもしろいプロジェクトで、カリフォルニア大学サンディエゴ校とトロント大学の研究者たちが、人間の顔に表れている痛みが本物か嘘かを、人間よりもコンピュータの方が正しく見分けることを見つけた。人間による判定の55%が正しかったのに対し、ロボットの正解率は85%だった。
それは長く科学者や天文学マニアたちのあいだで物議を醸してきた問題だ: 果たして火星に海はあったのか?