kasairinkaisuizokuen-kuromaguro

葛西臨海水族園(東京都江戸川区)は8月2日、2014年11月以降に発生した謎のマグロ大量死を乗り越え、唯一生き残っていたクロマグロが死んだと発表した。
クロマグロやカツオ類が大量死した問題で、葛西臨海水族園(東京都江戸川区)は3日、病理検査の結果、海の養殖魚を大量死させることで知られる2種類のウイルスが原因ではないことが確認されたと発表した。
東京都江戸川区の葛西臨海水族園で目玉展示となっているクロマグロの群れで、原因不明の大量死が続いている。