kaseitansaki

赤い惑星の成り立ちに関して多くの事実が判明するだろう。
4月27日、NASAは探査車「キュリオシティ」によって撮影された新しい火星の360°動画をYouTube上で公開した。
2013年に NASA が打ち上げた火星探査機MAVENの目的は「火星の大気の観測と、太陽風との関連を探る」こと。
「ビーグル2」発見のニュースに対するメディアの反応は非常に大きかった。その多くは、プロジェクトを率いたコリン・ピリンジャー教授が2014年5月に死去していたという、悲しい事実に向けられたものだった。
NASA(米航空宇宙局)は11月18日、無人探査機「MAVEN」(メイブン)を打ち上げた。来年9月に火星に到着し、大気の調査をする。