kaseki

宇宙人みたい...👽 2013年、震災復旧工事の現場から見つかった「のうとう類」の化石。実は日本で初めて発見され、「キタカミカリス・ウタツエンシス」と命名されました。
「鎧竜のロゼッタストーンだ」
外見の大きく異なる多様な動物群で構成される軟体動物門は、最も繁栄を遂げた動物門の1つである。
口から入った食べ物は体内で消化し、ふたたび口から排泄していたと考えられます。
化石となったストロマトライトは、地球の最も初期の生命活動を知る証拠にもなっている。
古無脊椎動物学の学芸員Ryan McKellarは、「羽毛が骨格と組織を伴う形で発見されたのはこれが初めてです」と話す。
ルーシーの化石に新しい視点をもたらした。
アノマロカリス類の仲間の少なくとも1種類は「優しい巨人」だったようだ。他の多くの種類同様、5億2000万年前のカンブリア紀前期に繁栄を遂げた。
チョローラピテクスの年代は、ユーラシアに類人猿が広く生息していた年代から、化石類人猿の証拠が乏しい年代へと引き上げられる。
アラスカの極北の地に生息していた。