kashearingu

消費者の関心が「所有から利用」に変わるなか、幅広い顧客の獲得をめざす。
自動運転のコストは、誰が支払うのだろうか?自動運転はクルマというモノではなく、移送サービスとして人々に提供される。
今後は、進化した自動運転の性能を楽しむために自分でクルマを所有する必要さえもなくなりそうだ。
巨大な気候変動リスクが顕在化している21世紀、再びエネルギーをコモンズとして認識し活用する方途の探求が求められている。
最近、車間距離を認識して速度を調整したり、前方の障害物を検知して警告を発する機能など、安全のための新しい技術が広がっています。その一つに、走行中の車が車線をはみ出しそうになると警告してくれる「車線逸脱警告」があります。
PRESENTED BY FUJITSU JOURNAL
チョイモビをご存知だろうか?これは日産が展開しているワンウェイ型のカーシェアリングで、なんと年会費、登録料が無料、利用料金20円/分という格安料金で利用できるというスグレモノだ。