可視化

まちの課題を考え、2020年の未来を描き出す──