kashiwazakikariwagenpatsu-saikado

「条件付きでの再稼働容認」を掲げた桜井氏が一騎打ちを制した。
泉田氏はホームページに掲げた文書の中で、地元紙・新潟日報社の報道を強く批判した。最も強調したのは…
福島第一原発事故の際、アメリカ原子力規制委員会を代表して来日し、事故対応に協力したチャールズ・カスト博士に、現在の日本の状況について聞いてみた。
政府は1月15日、東京電力の新しい総合特別事業計画を認定した。東電の計画によれば、柏崎刈羽原発の再稼働を仮定し、遅れた場合には、電気料金を再び値上げする可能性に言及している。値上げ幅は最大10%程度だという。時事ドットコムなどが報じた。
東京電力はほかの電力会社管内で電力販売に乗り出す方針を固めた。来年度にも企業向けから始め、2016年度に電力小売りの全面自由化が始まれば家庭向けにも参入する。最大手の東電が他社管内に進出することで、電力大手間の競争が本格化することになる。
問題なのは、日本はこんな悠長なやり取りを許せる状況にはないという事実である。決して褒められた話ではないが、泉田知事が新潟県の事だけを考えて行動するのは致し方ないとして、安倍首相は日本全体の事を考え、「全体最適」を国民に説得し、その結果としての柏崎刈羽原発の運転再開に向け舵を切らねばならない。