kashu

「なんて素晴らしい『最後』でしょう」
アメリカのテレビ番組の人気企画「カープール・カラオケ」にサー・エルトン・ジョンが登場した。
ある歌手が昔の持ち歌をカバーされたことに苦言を呈したという事件がありました。そこで、持ち歌を不本意にカバーされた歌手は著作権法上何かできるのかを論じたい。
『新世紀エヴァンゲリオン』の洞木ヒカリ役や『魔法少女まどか☆マギカ』の早乙女和子役などで知られる、声優で歌手の岩男潤子が、長年わずらっていた気管支炎の悪化にともなう体調不良で、今月と3月に開催予定だったライブやイベントの中止と延期を発表した。
韓国の新人アイドル歌手グループのミュージックビデオの一場面に、第2次世界大戦中に広島に原爆が投下されたことを報じる英字新聞などが使われていたとして、場面が一部差し替えられた。分かっていれば最初から使わなければよさそうなものだが、なぜ起きるのか。
スポーツ選手や歌手が被災地を訪問します。被災した人達とひとしきり交流し終えると彼等や彼女等はテレビカメラに向かって判で押したように「逆にこっちが元気をもらった」と言います。それはおそらく被災地に入る前から言うと決めていたフレーズです。いったいなぜ彼等や彼女等はそうやって同じことを言わなくてはならないのでしょう?そこにはもちろん理由があります。
そんなブルーノ・マーズの『The Lazy Song』のPVを見ながら、『I LOVE DAD』のTシャツを着た2人のキッズが、楽しそうに踊っている動画はこちら。「Today I donx't feel…」と完コピしている愛らしい様子に目が離せない。