katotokiko

「ジーナのセリフどりで一番苦労したセリフでした」
俳優の菅原文太さんが11月28日に転移性肝がんによる肝不全のため亡くなったことを受け、菅原さんと親交のあった著名人らが昭和の名優の死を悼んだ。
歌手人生50周年を迎えた加藤登紀子が激動の半生を振り返り、人生観を語った。
国民的な俳優として知られる高倉健さんが死去したことが報じられた11月18日、各界からお悔やみの言葉が相次いでいる。
民主主義の終焉を意味しかねない「特定秘密保護法案」が参議院で可決・成立した12月6日、遠い南の国で、一人の英雄が世を去った。南アフリカ共和国のマンデラ元大統領だ。
原発問題はもう終わったと思いたい気持ちは、誰もが心の奥に持っているかもしれないけれど、現実は本当に厳しいです。解決のつかない厄介なことを抱え込んでしまった以上、もう少しだけ、丁寧に生きて行きましょう!
『もうひとつのアメリカ史』の出版で大反響のオリバー・ストーンさんが、共著者のピーター・カズニックさんと共に来日。広島、長崎で勢力的に発言、沖縄に向かう間の8月11日、東京で開かれたシンポジウムに出席した。
7月3日、創業60年以上になる新宿の老舗・どん底に、"獄中"を知る2人の歌声が響いた。1人は1972年に服役中だった藤本敏夫と獄中結婚した歌手・加藤登紀子氏、そしてもう1人は今年3月に仮釈放された堀江貴文氏だ。