katsurautamaru

心から「笑い」を楽しめる幸せを、いま噛み締めたい。
圓朝の傑作怪談噺「真景累ケ淵」を全編演じる。「古典」を伝えることへのこだわり
忘れられた落語を、後世に伝えたい――。そんな思いを生前に語っていた。
落語家の桂歌丸(79)が、腸閉塞治療のため再入院することが27日、わかった。同日、落語芸術協会が発表した。
落語家の桂歌丸が『NHKスペシャル 人生の終い方』で、落語界を託しても良いと思える後輩が「3人いる」と話した。
「この50年、面白いこと、悲しいこと、悔しいこと…いろんなことがありました」
桂歌丸が最後の司会を務める「笑点」は5月22日、「今日で見納め歌丸ラスト大喜利スペシャル」と題して、枠を1時間拡大して1時間半、生放送された。
皆さんなら誰を選びますか?
松本「若いころは上(の世代の芸人)が邪魔だったけど、自分が今くらいの年齢になって…」