katsuwairu

2030年代、人類は生きた脳にナノボットを送り込み、死んだ人々の記憶を取り出すことができるようになる。
アルゴリズムが判断するコンテンツのフィルタリングやターゲティング広告は、まさに「不気味の谷」を感じさせるのではないか――2015年を前にして、そんな論考が目についた。