kawaguchikana

現在ホームレス支援組織Homedoorの理事長を務める川口加奈さんは、14歳の中学2年生のときに参加した炊き出しの現場で、大阪市内でひどいときには年間200人ものホームレスの方が路上で凍死や餓死をしている現実を知ったことからホームレス支援の活動を始めました。