kawauchigenpatsu-saikado

日本社会が成熟するためには、専門家の知見「専門知」を尊重しながら、一般市民の声「市民知」を取り入れた国民不在にならない意思決定プロセスが何よりも重要だ。
山本太郎氏が8月11日、川内原発の再稼働を認めた安倍政権を「お花畑」と批判した。
規制には法的根拠が必須だという法治国家としての基本中の基本が見失われたまま審査や検査が行われている。私は、原発再稼働を徒らに遅らせている主因はそこにあると強く思っている。
高浜原発3,4号の運転差し止め仮処分を認めた福井地裁の決定は、原発再稼働に司法の冷水を浴びせる形となった。ただ、今回の決定が他の訴訟に波及するかは不透明。
鹿児島県議会と伊藤祐一郎知事が川内原発の再稼働に同意した。最後の関門は鹿児島地裁の判断になるとの見方もある。
九州電力・川内原発が立地する鹿児島県薩摩川内市の市議会は、原発再稼働に賛成する陳情を賛成多数で採択した。
新しい規制基準によって全国で初めて再稼動が見込まれている九州電力川内原発。年内と予想される地元同意表明に向け、説明会などの手続きが大きな混乱もなく「粛々」と進んでいる。
御嶽山が27日に噴火したことで、噴火予知の技術的な能力や態勢面などで困難な要因が山積していることを印象づけた。今冬にも再稼働するとされる九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の近くの住民に心理的な影響を与える可能性もありそうだ。
田中原子力規制委員長は、「新規制基準を満たしたからとは安全とは言えない」「(安倍総理の)世界一の安全基準という言葉は政治的な発言」と発言し、多くの人達を混乱させています。そこで、今回は、小学生の太郎君と先生の会話という設定で、解説してみたいと思います。
原発再稼働の前提となる新規制基準の適合性審査で、原子力規制委員会は7月16日、鹿児島県の川内(せんだい)原発1、2号機が「新基準を満たす」とする審査書案を提示した。